中華料理風の焼きそば

中華料理風の焼きそば

中華料理風の焼きそば 焼きそばにおいては、日本そばを使うことは少ないです。中華麺を使います。今スーパーに行くとラーメン用の中華麺と焼きそば用の中華麺があります。多少配合などが異なるので、用途によって買い分けたほうがいいのでしょう。焼きそばに関しては、大きく分けて2種類あります。お好み焼き屋さんで作られるソース焼きそばがまずあります。そして中華料理店で出される焼きそばです。同じ焼きそばと言っても、味も形もかなり異なります。

中華風にしても2種類あって、かた焼きそばの上に餡を乗せるタイプと、具材をすべて混ぜ合わせて作るものがあります。具材を混ぜあわせるものに関しては、豚肉、キャベツ、人参、きくらげ、玉ねぎなどを入れます。海鮮タイプになるとエビやいかが入ってくることもあります。具材を混ぜあわせるタイプは広東風焼きそばとなっているようです。醤油の他に、オイスターソースや、XO醤などを付けて味付けをするのが特徴になっています。

あんかけタイプの方は、麺を油で揚げてかた焼きそばにします。その上に八宝菜の具材を乗せたものになります。焼きそばの部分を少しずつ割りながら、それに餡をつけながら食べるようにします。餡なので冷めにくいです。
Copyright (C)2014中華料理風の焼きそば.All rights reserved.